陶芸コース

手びねりとは

手びねりとは

陶芸未経験者でも器などを簡単に作れる方法で、主に手回しろくろを使います。

ひもを積んだり粘土をスライスしたりして形を作っていきます。

手びねりならではの味を残しながら作るのも楽しいです。

基礎コース

基礎コースは主に土の練り方から道具の使い方など手びねりでの基本的な成形技法を学びながら作品を作ります。陶芸初心者の方はこのコースをおすすめします。

基礎コースの内容

土練りをします。

土練りをします。

土練りには2種類あり、最初は荒練りという練り方からはじめ、次に粘土内の空気を抜く練り方、菊練りを練習します。

玉づくりという成形技法で中鉢を作っていきます。

玉づくりという成形技法で中鉢を作っていきます。

初めての作品となりますが、煮物やサラダにと普段使いに便利な器ができます。

初めての作品となりますが、煮物やサラダにと普段使いに便利な器ができます。

陶製のハンコ(陶印)作り

陶製のハンコ(陶印)作り

今後の作品に付ける自分の名(サイン)が入った陶製のハンコをつくります。

板づくり(タタラづくり)で板皿を作ります。

板づくり(タタラづくり)で板皿を作ります。

粘土を叩いて薄くのばし板状にします。サンマ皿などもこの技法で出来ます。

※板作りの応用として、ロール状にした花入れを作ります。

板づくりの板皿 葉っぱのお皿と花器

ひも作り技法で湯呑みと茶碗を作ります。

ひも作り技法で湯呑みと茶碗を作ります。

ひも状にした粘土を上に積み上げていくひも作りを覚えると、大きな壷や変形したオブジェなども作ることができるようになります。手びねりで一番活躍する技法といってもいいかもしれません。

ひも作り技法の詳しい紹介はこちら>>>

ひも作りで口のすぼまった形を作ります。

ひも作りで口のすぼまった形を作ります。

ひも作りで徳利や小さめな壷などの口のすぼまった形を作ります。

石膏型を使った成形技法で小鉢を作っていきます。

小鉢

粘土をスライスして石膏型に貼り付けて形を作ります。
同じ形のものが簡単に複数作れるので人気の技法です。

ここまでが基礎コースの内容になりますが、各作品ごと成形した後には削りという工程や、釉薬(色付け)を掛ける作業があります。

中級コース

中級コースでは成形技法に加えて装飾技法を学びます絵付けや化粧土を使った技法などを学ぶことにより陶芸の楽しさが一段とアップしていきます。

中級コース内容

板状の粘土を組み合わせて四角い鉢を作り絵付けをします。

板を組み合わせて四角い鉢を作り絵付けをします。

絵が描けなくても図案や見本があるので大丈夫です。挑戦してみましょう。

片口小鉢を作ります。

片口小鉢を作ります。

普通の茶碗に注ぎ口を付けるだけで一味違った作品に生まれ変わります。
さらに粉引きと呼ばれる白化粧を全体に掛けることで白く柔らかい色合いの作品になります。

三島手茶碗を作ります。

三島手茶碗を作ります。

茶碗にハンコや串で線彫りした溝に白い土を埋め込み表面を削り取ることによって模様を出していく技法を学びます。
少し手間がかかりますが、手間をかけた分焼きあがりは素晴らしいものになります。

蓋物を作ります。

蓋物を作ります。

土の塊を半分にカットし、中をくり抜いていく成形技法を学びます。蓋がずれないようにする処理や象嵌(ぞうがん)といった技法も一緒に学びます。

ペアマグカップを作ります。

ペアマグカップを作ります。

一度に2つのマグカップを板作りによって作り、印花や縄目、櫛目などといった装飾技法も学びます。取っ手の付け方もここで行います。

大鉢(大皿)を作ります。

大鉢(大皿)を作ります。

中級の最後は少し大物に挑戦することになりますが意外と簡単です。ひも作りの大物版といったところです。

さらに全体に化粧土を塗り、削り落すことによって模様や絵を出していく掻き落としという技法も身につけていきます。

上級コース

上級コースでは急須やポット、土鍋や備前焼といったワンランク上の作品を作っていきます。

上級ース内容

急須(ポット)を作ります。

急須(ポット)を作ります。

本体の成形に加えて蓋作り、注ぎ口や取っ手の組み立てなどあらゆる要素が含まれた作品作りとなります。コーヒードリッパーを作る方もいます。

練り込み皿を作ります。

練り込み皿を作ります。

異なる3色の粘土を組み合わせ模様を作る技法を学びます。組み合わせた塊をスライスすると毎回同じ模様が出てくる面白い技法です。

備前土を使った作品を作ります。

備前土を使った作品を作ります。

一般的には釉薬をかけずに焼成時に稲ワラを巻いて焼く火襷と、作品の周りに炭を置いて景色を出す炭化焼成などを行います。

備前焼ならではの焼き具合は一味違った楽しさがあります。

土鍋を作ります。

土鍋を作ります。

直火にかけられる専用の土を使い土鍋を作ってみます。

土の性質上、釉薬の変化も面白いので土鍋以外にもグラタン皿や耐熱の器も作ることができます。土鍋のサイズは皆さん様々です。

カリキュラムはここでひとまず終了となりますが、カリキュラムには登場しなかった「イッチン」「和紙染め」、「下絵転写」など装飾技法は無数にあります。

様々な技法を組み合わせて世界に一つだけのオリジナルの作品を作っていきましょう。スタッフ一同、皆様のお役にたてるよう一生懸命頑張ります。

陶芸体験後のご入会で1,000円キャッシュバック!! 作品ができるまでの流れをご説明します 陶芸コース 生徒さんの声 生徒さんの感想や作品を紹介します グループ陶芸 大人数で陶芸体験しませんか? カルチャー教室 様々なカルチャー教室開講中です
  • 開講日カレンダー
  • スタッフブログ
所沢陶芸教室 ティーイング所沢陶芸教室 ティーイング
〒359-1124
埼玉県所沢市東住吉7-9
ティーイングビル3階
TEL:04-2921-3882
FAX:04-2922-8263
営業時間:10:00〜21:00
定休日:日曜・月曜

ティーイング周辺地図

こちらのQRコードで携帯版サイトにアクセス!!