陶芸作品ができるまで

作品ができるまでの流れをご説明致します。

土練り

菊練り

荒練り・菊練り

写真は菊練りです。

成形

手びねりや電動ろくろで行います。
手びねり 電動ロクロ
作品の底を作ります。
作品の底を作ります。
土を上げ下げして芯を出し、粘土の粒子を整えます。(土殺し)
土を上げ下げして芯を出し、粘土の粒子を整えます。(土殺し)
粘土をひも状にのばします。
粘土をひも状にのばします。
これから作るのに必要な土を玉にします。(玉どり)
これから作るのに必要な土を玉にします。(玉どり)
ひもを積みながら形をつくっていきます。
ひもを積みながら形をつくっていきます。
穴を開け底になる部分を作ります。
穴を開け底になる部分を作ります。
コテなどで形をつくります。
コテなどで形をつくります。
土を上へ伸ばします。
土を上へ伸ばします。
弓という道具で切り口を整えます。
弓という道具で切り口を整えます。
形を整えます。
形を整えます。
なめし皮で口あたりをよくして完成です。
なめし皮で口あたりをよくして完成です。
切り離します。
切り離します。
完成です! 完成です!
完成です!

削り

少し乾燥させた状態にし、カンナ等で余分な土を削り取ります。湯呑みなどの裏にある高台もここで削り出します。
手びねり 電動ロクロ
底の厚みを測ります。
底の厚みを測ります。
裏にして余分な土をカンナで削ります。
中心を出し土で固定します。
高台を削り出します。
回転を利用しカンナで高台を削り出します。
完成です! 完成です!
完成です!

乾燥

約一週間かけて完全に乾燥させます。

素焼き

素焼き

窯の中に入れて約8時間かけて800℃まで温度を上昇させて焼き上げます。
素焼きをすると土には戻らない状態となり、水につけても溶けなくなります。

絵付け

絵付け

主に呉須(ゴス)や弁柄(ベンガラ)と呼ばれる顔料で筆書きします。

釉薬がけ

釉薬がけ

素焼き後の作品に好きな色の釉薬を施します。違う色の釉薬を組み合わせて重ね掛けもできます。

本焼成

本焼成

作品を窯の中に入れて約12時間かけて1260℃まで温度を上昇させて焼き上げます。酸化焼成と還元焼成の2種類の焼き方があります。

冷却

2〜3日かけて自然に窯の温度が下がるのを待ちます。

完成

完成

作り始めてから焼き上がるまで早くて約1ヵ月はかかります。
粘土は完成時までに約15%収縮します。

陶芸体験後のご入会で1,000円キャッシュバック!! 作品ができるまでの流れをご説明します 陶芸コース 生徒さんの声 生徒さんの感想や作品を紹介します グループ陶芸 大人数で陶芸体験しませんか?
カルチャー教室 様々なカルチャー教室開講中です
  • 開講日カレンダー
  • スタッフブログ
所沢陶芸教室 ティーイング所沢陶芸教室 ティーイング
〒359-1124
埼玉県所沢市東住吉7-9
ティーイングビル3階
TEL:04-2921-3882
FAX:04-2922-8263
営業時間:10:00〜21:00
定休日:日曜・月曜

ティーイング周辺地図

こちらのQRコードで携帯版サイトにアクセス!!